So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
- | 次の10件

聴取要請から1週間 小沢氏「多忙」 膠着続けば証人尋問も(産経新聞)

 資金管理団体「陸山会」の不透明な経理操作疑惑が浮上している民主党の小沢一郎幹事長が、東京地検特捜部から参考人としての事情聴取を要請されてから、12日で1週間が過ぎた。疑惑の全容解明には小沢氏の聴取が不可欠とする特捜部の判断に対して、小沢氏本人は「忙しい」などとして応じていないようだ。小沢氏がこのまま聴取に応じない場合、特捜部はどういう一手を打つのか−。

 東京地検特捜部が小沢氏に任意での事情聴取を要請したのは5日。要請は、小沢氏の弁護士を通じて行われたもようだ。

 これを受け小沢氏の周辺では当初、「小沢氏が聴取に応じる意向」との情報が流れた。しかし、実際には小沢氏側は特捜部に「忙しくて行けない」と伝えているという。特捜部からの要請は5日の1回きりで、再度にわたる要請は行われていないようだ。

 小沢氏は12日の会見で聴取について「弁護士に一任している」。「弁護士を通じて事実関係は包み隠さず話している。検察当局はすべてご存じのはずだ」とも述べた。

 法曹関係者らによると、このままの状態が続いた場合、特捜部はすでに陸山会会計事務担当だった石川知裕衆院議員(36)の立件方針を固めていることから、石川氏の公判を前にした時期に「初公判前の証人尋問」を裁判所に請求することができるという。

 初公判前の証人尋問は、刑事訴訟法226条に規定された手続きで、捜査に不可欠な知識を持つ者が任意の取り調べに対し、出頭や供述を拒否した場合、初公判前に限り、検察官が裁判官に証人尋問を請求できるというものだ。

 特捜部は、上申書の提出で済ます考えはないとして、聴取にこだわっている。鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件では、鳩山氏の事情聴取を見送って上申書で済ませた。なぜか。同罪で在宅起訴された元公設第1秘書がすべてを認め、鳩山氏本人がまったく関与していなかったと判断したからだ。

 しかし、小沢氏側の疑惑では、不記載に至るまでの経緯で小沢氏の関与が随所にみられる。この点が鳩山氏のケースで大きく異なり、特捜部が聴取を求める根拠になっている。

 小沢氏の関与を挙げると、(1)問題の土地購入を指示(2)石川氏がすでに「土地代金として小沢先生から現金4億円を受け取った」と供述(3)土地代金を支払った直後、4億円の定期預金を組んで同額の融資を受けた際、融資関係書類に小沢氏の署名があった−などだ。

 さらに、小沢氏の聴取が必要な理由として、石川氏が特捜部の任意聴取に虚偽の説明をしている疑いがあることもある。

 石川氏は土地代金の原資について「小沢先生から貸付金として受け取った」と供述している。ならば、なぜ一度に受け取った4億円を陸山会の複数の口座に分散して入金したのか、小沢氏からの貸付金ならば不記載の必要があったのか。

 石川氏はこのほか、「定期預金とこれを担保にした融資は、これまで不動産を買う際の慣習だった。融資は不要だった」と供述している。だが、400万円以上の金利負担を生じさせてまでも、不必要な融資をなぜしたのか。

 特捜部は石川氏の説明にこうした不自然さが残ることから、小沢氏本人の説明が必要との構えを崩しておらず、小沢氏との間で神経戦が続きそうだ。

     ◇

  地検特捜部からの任意の事情聴取要請を受けた小沢一郎氏。会見があった12日以外はだんまりを決め込み、国会、居酒屋…と普段通りの一週間を送った。

 7日夜、小沢氏がいたのは国会近くの中華料理店。秘書らとの夕食を終えると、黒いコートを着込み、マフラーと大きなマスク姿。無言のまま帰宅した。

 翌8日午前は、国会内の幹事長室。夜には秘書らと東京・赤坂の居酒屋で鍋。店では客から歓声を浴び笑顔を見せる一幕もあった。

 10日は東京都千代田区の日本棋院で井山裕太名人(20)との囲碁対局に、笑顔を浮かべ終始ご機嫌。ただ、「事情聴取は受けたのか」との質問には、だんまりを決め込んだ。

 3連休最終日の11日は、政府・民主党首脳会議に出席。夕食は秘書らと一緒に居酒屋「庄や」赤坂店へ。刺し身や豚キムチ鍋などをさかなにビールや日本酒の熱かんをあおったという。報道陣に囲まれると、顔をしかめ無言で帰宅した。

     ◇

 初公判前の証人尋問 捜査に不可欠な知識を持つ者が任意の調べを拒否した場合、初公判前に限り、検察官が証人尋問を請求できる。裁判所が認めれば当事者は原則、拒否できない。非公開で行われ、虚偽証言は偽証罪に問われる。

【関連記事】
小沢氏の会見は「一転低姿勢」に なぜ?検察批判も封印
【小沢会見】土地購入問題「個別のことを申し上げることは差し控える」
小沢氏が政治資金問題を陳謝 「違法行為はない」と弁明も
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず 外国人参政権
「辞職しろ〜!」叫びながら近づく男…小沢、あわや襲撃

複数年度予算で有識者検討会=財政再建目標も議論−国家戦略室(時事通信)
雑記帳 戦艦「三笠」に魅せられ そっくり模型作製 金沢(毎日新聞)
小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長(産経新聞)
<火災>群馬で民家全焼 1人死亡(毎日新聞)
志位委員長続投へ=13日から党大会−共産(時事通信)

けが人10人に 横浜化学工場爆発で実況見分 高圧釜が爆発か (産経新聞)

 横浜市金沢区福浦の化学製品製造会社「日本カーリット」(東京)の横浜工場で7日夕、従業員らが負傷した爆発事故で、神奈川県警と消防は8日午前、現場の実況見分を始めた。損壊が激しい有機製造棟の高圧釜で爆発が起こったとみて調べている。県警は管理体制に問題があった可能性もあるとみて、業務上過失傷害容疑で関係者から事情を聴いている。

 県警によると、新たに従業員の男性2人がけがをしていたことが分かり、けが人はいずれも軽傷で計10人となった。

 県警などの調べによると、有機製造棟の製造室には高圧釜4台があり、有機物に水素ガスで圧力をかけて化学反応を起こし、液晶テレビなどに使われる材料を製造していた。

 同社によると、7日は通常通り午後4時45分ごろに操業を終了。爆発は約1時間後に発生した。

 7日夜に本社で記者会見した同社幹部は、「水素ガスが何らかの原因で爆発した可能性がある」と説明した。

【関連記事】
横浜の工場爆発 2年前にも事故、「安全管理は…」恐怖と怒り 
横浜市の工場爆発の軽傷者は8人に
横浜市金沢区の工場で爆発 以前にも死亡事故
横浜でビル火災、2人死亡 たばこの不始末か
潜伏ポーカーゲーム賭博店を摘発 横浜、客に僧侶も

<ひこにゃん>グッズ消滅の危機? 「開国祭」3月閉幕で…市も苦悩(毎日新聞)
「攻めろ」小泉元首相、谷垣総裁に助言(読売新聞)
<ニュース1週間>藤井財務相辞任、後任は菅副総理/ドバイの世界一の超高層ビル完成(毎日新聞)
大阪、京都など7府県「関西広域連合」基本合意(読売新聞)
不正アクセス容疑で捜査=企業のHP改ざん−被害相談相次ぐ・警視庁(時事通信)

始業式に向かう中3女子、刃物で切られ軽傷(読売新聞)

 7日午前7時30分頃、愛知県一宮市千秋町佐野の路上で、同市内の中学3年生女子生徒(15)が、後ろから近づいてきた男に包丁のような刃物で切られ、左手に軽傷を負った。

 男は西の方へ走って逃げた。県警一宮署は傷害容疑で捜査している。

 発表によると、女子生徒はこの日が始業式で、1人で歩いて学校に向かっていた。人の気配がしたため振り向いたところ、刃物を持った男がおり、女子生徒は振り払おうとして左手を切られたという。男は30〜40歳で、身長約1メートル80の中肉。青いジャージーの上着と黒色ズボン姿だったという。

ネイガ紹介ワールド
相模湾釣行記
競馬サイト
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
- | 次の10件
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。